C++ の動作確認をしてみた(698)

C++の練習を兼ねて, AtCoder Beginner Contest 150 の 問題F (Xor Shift) を解いてみた.

■感想.
1. 問題Fは, 方針が見えなかったので, 解説を参考にして, ようやく, AC版に到達出来た.
2. クヌース–モリス–プラット(Knuth–Morris–Pratt algorithm)法 を 学習できたので, 非常に良かったと思う.
3. 本問では, 周期を知る必要が出てきたため, KMP法を, 最大2回まで実施する形で対応した.
4. 引き続き, 時間を見つけて, 過去問の学習を進めていきたいと思う.

本家のサイト AtCoder Beginner Contest 150 解説 を ご覧下さい.

■C++版プログラム(問題F/AC版).

■参照サイト
AtCoder Beginner Contest 150

カテゴリーC++

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください