Python(Cirq)について(3)

概要

  • Python の 練習を兼ねて, 量子コンピュータのフレームワーク(Google社)のチュートリアルを確認してみた
  • 動作環境は, Google Colaboratory で行った

感想

  1. チュートリアル時点で, すでに難しい概念が多く, だいぶ混乱したように思う.
  2. 難しい用語が多いので, 消化不良にならないように, 地道に見ていこうと思う.
  3. 時間を見つけて, 今後も, チュートリアルの残りの部分を進めていこうと思う.

Circuits and Devices

  • Foxtail

  • Bristlecone
  • Sycamore
  • デバイス(Sycamore)については, 使い方が良く分かってないため, ここでは詳細は確認できなかった.
    ※FSimGateなどの使い方を含めて理解する必要がありそう.


Simulation

  • 量子回路は, Simulation によって計算されるとのこと.
  • Simulation に, 20量子ビットの上限制約あるとのこと.
  • Bell State

  • Greenberger–Horne–Zeilinger state

  • 参照サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください