C++ の動作確認をしてみた(164)

C++の練習を兼ねて, AtCoder Beginner Contest 022 の 問題D (D – Big Bang) を解いてみた.

■感想.
1. 重心から, 最も近い点を考慮して, 拡大率を求める方針で実装したが, AC版を取れなかった.
※ 解説を見たところ, 距離が, 0 になる場合があって, 場合分けが必要との指摘があった.
※ 途中, redeclared as different kind of symbol の error も 出てきて, 実装に手こずってしまった.
2. 解説にある方法の中で, 重心から, 最も遠い点を考慮する方針に変更したら, AC版となった.
3. 時間を見つけて, 引き続き, 過去問を振り返っていきたいと思う.

本家のサイトABC 022解説をご覧下さい.

■C++版プログラム(問題D/AC版).

■参照サイト
AtCoder Beginner Contest 022

カテゴリーC++

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください