C++ の動作確認をしてみた(1)

1. 環境は、macOS High Sierra (version: 10.13.4) 上で行った。

2. プログラム記載~実行は、Visual Studio Code で行った。

今回確認した内容は、ロベールのC++教室 の(第1部)第69章 リンケージである。
以下の “動作確認(改善前)” で、対応できなかったのでメモした。

■動作確認(改善前)
Visual Studio Code 上で、動作確認する上で、以下のルールで行ってきた。
1. 標準入力(cin)が有る場合 … ターミナルを使った動作確認
$ g++ -o abc xxx.cpp
$ ./abc

2. 標準入力(cin)が無い場合 … 下記、3種類のキーを同時押しする動作確認
[command]key + [shift]key + [,]key

■対象プログラム

■動作確認(改善前)による実行結果
前述のプログラムを実行した結果、いずれの場合でも、以下のようなエラーが出力された。

〜(略)〜
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
〜(略)〜

■動作確認(改善版)
分割コンパイルが必要とのネット上の情報があったので、以下の形で、ターミナル上で対応した。
$ g++ -c 1-69_1.cpp -o 1-69_1.o
$ g++ -c 1-69_2.cpp -o 1-69_2.o
$ g++ -g -o abc 1-69_1.o 1-69_2.o
$ ./abc

■動作確認(改善後)による実行結果
前述のプログラムを実行した結果、以下のように、想定した動作を確認することができた。

■参照サイト
複数の.cppを分割コンパイル

コンパイラ(gccコマンド)の使い方

ターミナルに毎回表示される長ったらしい表示を短くする

カテゴリーC++

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください